布団乾燥機の熱でダニは駆除できない。効果的な使い方は?

布団乾燥機

ダニ駆除を目的に布団乾燥機を使う人がいますが、実際のところはどうでしょうか。

結論から言うと、布団乾燥機を毎日使ってもダニを完全に駆除することはできません。

布団乾燥機がダニを全滅できないのは天日干しと同じ

sleep_futon_dani一般的な布団乾燥機は、敷布団と掛け布団の間にシートを挟み込んで、シート内に熱風を入れることで湿気を取り除き、乾燥させます。

布団の湿気を取り除くには十分な温度でしかも直接熱風があたる内部は高温になるので、一部のダニは死滅させることができます。

ただし、生きているダニは敷布団の裏側や、掛け布団の表面に移動してしまいすべてのダニを駆除することはできないのです。

これは、ダニモードがついている布団乾燥機でも同じことが言えます。

敷布団と掛け布団の間に入れるシートで敷布団だけを包むのは?

そこで、よりダニが多く住んでいる敷布団だけをシートで包み、布団乾燥機を使うという方法がありますが、シートの大きさが十分でないことの方が多いためあまり効果的ではありません。

また、最新の布団乾燥機は敷布団と掛け布団の間に挟むシートを使わないタイプもあり、簡単に行える方法ではありません。

布団乾燥機よりもコインランドリーの乾燥機がダニ退治に効果的

布団乾燥機とコインランドリーはどっちがダニを全滅させられる?家庭用の布団乾燥機に比べて、コインランドリーの乾燥機は密閉されているうえに高温になるのでダニを確実に殺すことができます。

30分程度で中のダニが死ぬので、掃除機の布団ツールで死骸を吸取っておくと一定期間は効果があると考えられます。

ただし布団の中綿に使われている素材によっては、高温にさらすと劣化したり変形したりする可能性があるので、事前に素材を調べておきましょう。

TVで話題の炎天下の車内は布団乾燥機よりもダニ退治できる?

一時期テレビで「炎天下の車内は70度以上の高温になるので、布団をフロントガラスの付近に1時間ほどおいておくとダニが駆除できる」と話題になりました。

しかし、社内の座席やマット付近にはもともとダニが住んでいます。

ですので車内においておけばダニが死滅する、というのは難しいということです。

また、布団の中で死んだダニの死骸が社内に落ちると、空気を循環させる車内で死骸が巻き散らかされる事にもつながります。

室内と違い、車内は密閉空間なので、ダニの死骸がまん延してしまうと体内に吸い込む確率が高くなります。

車内でのダニ駆除は安易に実行しないほうがよいでしょう。

布団乾燥機はダニを完全に駆除することより減らすことを目的に使う

布団乾燥機は、梅雨の時期などの湿気対策、冬の就寝前に温める、靴用のツールを使って靴を乾燥させるなどたくさんの機能があります。

ダニ駆除だけを目的としなくても、十分に価値があります。

布団乾燥機には完全なダニの駆除を行うことはできませんが、定期的に使うことでダニの個体数を増やさないようにすることはできます。

家庭用の布団乾燥機を選ぶときは、ダニモードを信じすぎないようにすること、取り扱いが簡単なこと、などをポイントに選ぶとよいです。

買ったはいいけど、「使わなかった」や、「ダニが全部駆除できると思っていた」ではもったいないですからね。

 

arrow_orange湿気がこもりにくい防ダニ加工済みマットレスランキングはここをクリック

 

 

 

コメント