布団にカビが生えてしまったら?アレルギーの大敵カビの防ぎ方

カビ

kin_kabiカビはダニと同じようにアレルゲンとして注意が必要です。

布団にカビが生えるなんて!と思っている人もいるかもしれませんが、珍しいことではありません。

梅雨の時期にうっかり布団にカビが生えていた・・などとならないように、注意点をご紹介します。

布団がある部屋の湿度対策をしよう

布団を置いている環境を確認しましょう。湿気がこもりやすくなっていませんか?

梅雨の時期などで風通しが悪い部屋ではカビが好む環境ができていることが多いです。

換気や押入れに入れる前に布団自体を立てておくなど、まずは寝汗など布団の湿気をとることを心がけます。

除湿器や除湿剤を活用して押入れの湿気を取る

エアコンの除湿機能を使ってもいいですし、スーパーで売っている除湿剤を活用してもいいです。こもった湿気をとりましょう。

布団の場合はたたんでしまうと湿気が抜けにくいので、梅雨の時期には簡易な部屋用布団干しにおいて押入れにしまわない、という対策も有効です。

ベッドの人でも定期的に布団乾燥機を利用する

梅雨から夏場にかけては、布団乾燥機と除湿器を同時に使用するというのも有効です。

ベッドは敷布団に比べて厚みがあったり、下に隙間があったりするので湿気がこもりにくいですが、部屋自体が風通しが悪いとカビがはえることがあります。

ベットでも定期的に布団乾燥機で送風し、カビ対策しましょう。

布団を敷きっぱなしにしない

部屋用布団干しあたりまえですが、敷布団を敷きっぱなしにしておくと裏側を中心にカビが生えることがあります。

部屋用の布団干しにおいておく、押入れにしまうなど風をあてる機会が多ければ多いほどカビを防止することができます。

 

 

 

カビが生えてしまったら

それでも布団にカビが生えてしまったら、後回しにせずにすぐに対応を始めましょう。

カビが生えているのはカバーまでなのか、布団まで達しているのか確認する

カビがカバーまでであれば、ハイターなどの衣類の漂白剤を使ってカバーだけをカビ取りする、もしくはカバーだけを買い替えることができます。

白いシーツの場合は塩素系漂白剤、色物の場合は酵素系漂白剤を使います。

塩素系漂白剤は、いわゆる「まぜるな危険」ですので酸性タイプの洗剤とまぜて使うことはできません。必ず単独で使いましょう。

また、カビは根を張って生える菌です。表面だけのように見えて実は布団まで達していたというケースもすくなくありません。

注意して確認しましょう。

布団のカビ。アレルギー症状が出ている人は布団を買い替えた方がよい

布団本体にカビが生えてしまったとき、ネットにはカビの取り方などいろいろな方法が紹介してありますが、アレルギー体質の方にはおすすめしません。

これを機会に買い替えてしまったほうが体のためにはいいです。

布団の中綿までカビが生えているときには、薬剤を使っても一んとカビ取りできたか確認しづらいからです。

予算やスペースと相談して、できることなら抗菌マットレスに買い替えることをおすすめします。

カビが生えやすい部屋では、布団を買い替えても環境からまた生える可能性がありますので、できれば「抗菌・防カビ」のマークが入ったものを使うようにしましょう。

arrow_orangeアレルギーのためのマットレスランキングはここをクリック

 

コメント