ダニを増殖させないアレルギーのためのマットレスランキング

ランキング

今、敷布団を使っていて症状がひどいならマットレスに変更をおすすめします。

敷布団よりもマットレスのほうが通気性にすぐれていて、ダニの住処である床などの位置から遠くなるからです。

また、体を休めて疲れをとるという本来の目的にもマットレスのほうが適しています。

アレルギーと体の疲れとは一見関係がないように思えますが、良質の睡眠は免疫力をアップするのにとても大切な役割を果たしています。

ネット通販で人気のマットレス比較

実際にどんなマットレスがあるのか気になるところです。

家具店などをまわってじっくり選ぶこともいいですが、店員さんの説明だけでは何を選んだらいいのかわかりにくい人も多いと思いますし、近辺に比較できるような店舗が少ないかもしれません。

ネット通販で人気のマットレスを「アレルギーの方が選ぶなら」という視点で比較した項目をご紹介します。

マットレスのサイズと価格帯

商品名 ダニアレルギー対応マットレス

13層やすらぎマットレス

(イッティ)

ニトリNスリープ プレミアムP4

(ニトリ)

マニフレックス246

(マニフレックス)

西川エアー01

(東京西川)

モットン

(モットンジャパン)

トゥルースリーパーセロ

(ショップジャパン)

商品写真  13層やすらぎマットレス  ニトリN  マニフレックス246  西川エアー01  モットン  セロ
サイズ s ダブル sd    s sd ダブル q  ss s sd ダブル q s ダブル sd s ダブル sd s ダブル sd
防ダニ加工 ahyouka
SKEマーク
bhyouka
防ダニ加工
bhyouka
防ダニ加工
chyoka
なし
chyoka
なし
bhyouka
水洗いOK
通気口の数 ahyouka

chyoka

なし

ahyouka

chyoka

なし

chyoka

なし

chyoka

なし

厚さ  ahyouka

27センチ

折り畳み不可

 ahyouka

35センチ

折り畳み不可

 bhyouka

16センチ

折り畳み不可

bhyouka

14センチ

折り畳み可

 chyoka

10センチ

折り畳み可

 chyoka

5センチ

折り畳み可

価格帯 98,000~118,000円 67,959~125,417円 32,670~78,408円 59,850~89,250円 39,800~59,800円 23,940~28,140円
生産国 日本 ベトナム イタリア 日本 中国 中国
公式サイトへ  詳細はここをクリック  詳細はここをクリック  詳細はここをクリック  詳細はここをクリック  詳細はここをクリック  詳細はここをクリック

注:セミシングルセミシングルシングルシングルセミダブルセミダブルダブルダブルクイーンクイーン

 

防ダニ対策の性能比較

アレルギー対策マットレスの比較で一番重要なことはいかにダニを増やさないかということです。

使用されている綿に防ダニ・抗菌加工がしてあるか、通気口やマットレス自体の通気性はどうか?という点で比較したらおすすめは「13層やすらぎマットレス」か「マニフレックス246」です。

「トゥルースリーパーセロ」については水洗いすることができますが、マットレスの内部まで乾燥させることができるかどうかが選ぶポイントになります。

場所などの関係で比較的薄手のマットレスを選ぶ場合は、かならず窓を開けて風を通しながらマットレスの裏側まで通気するようにします。

マットの厚みは内部の通気性を保つ目安

マットレスは厚みがあって通気性があれば、ダニが嫌がる環境になります。

厚みがあるだけでもだめですが、少なくとも折りたたむタイプよりは熱や湿気がこもりにくいのは確かです。

25センチ以上の厚みとなると、「13層やすらぎマットレス」か「ニトリNスリーププレミアム4」になります。

ただし、ニトリは通気口がないので13層やすらぎマットレスより湿気が逃げにくくなります。

体の疲れをとって熟睡するための高反発

最後に、マットレスとして一番基本的な「熟睡できるか」という比較ですが、今回比較表に表示しているマットレスはニトリ以外すべて高反発マットレスです。

高反発マットレスは、体圧が分散され寝返りを打った時にも体に負担がかからないので朝までしっかり熟睡できる、腰痛が軽減したなどと評価が高いのです。

アレルギー体質の方は、症状が一番出ているときは眠りが浅い傾向にありますが、少しでも眠るぐっすりための環境は整っている方が回復力も高まります。

当サイトでのおすすめは「13層やすらぎマットレス」

  1. 防ダニ対策
  2. マットの通気性
  3. 疲労をとる

以上3つの点を重視して比較した結果、ダニアレルギーの方には「13層やすらぎマットレス」がおすすめです。

安心の日本製ですし、振動を感じにくいポケットコイル採用で、某O家具の高級マットレスにも引けを取らないと人気急上昇です。

ネット通販で配送・設置・梱包材の撤去などは無料です。

マットレスのサイズや配送、金額など詳しくは公式通販サイトから確認してください。

 

arrow_orange13層やすらぎマットレス公式サイトはここをクリック


体験談:たたみに敷布団を敷いて寝ていた生活からフローリングの部屋でベッド生活に

あくまで私個人のケースですが、病院で血液検査をしダニアレルギーで陽性反応が出ました。

医師からは布団に掃除機をかけたりシーツを取り換えるなどのほか、できるなら敷布団自体を新しいものに変えてみてはどうですか?と言われました。

寝心地とダニ対策を追及して高反発のベッドマットレスを選ぶ

どうせなら、ダニがよってきにくいフローリングでベッドに変えようとベットの枠を用意し、マットレスだけは良いものを、といろいろ比較してみました。

少し高いかな、とも思ったのですこのサイトでもおすすめしている「13層やすらぎマットレス」を選びました。

肩こりや腰痛にも今は高反発マットレスが主流ということ、日本製で安心ということ、何よりマットレスの通気性がよくて防ダニ加工している綿をつかっているので、使い始めてからは寝室であのムズムズした鼻水・くしゃみなどの症状が起きなくなりました。

布団を買いなおすことはもったいないなと考えていましたが、生活の質が上がったことを考えると決して高い買い物じゃなかったと思います。

安い敷布団を頻繁に買いなおすという手段もありますが、私にとってはいい買い物をしたな、という実感ができてよかったと思っています。

arrow_orange防ダニ加工13層やすらぎマットレスの詳細はここをクリック

コメント